当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

スタバのグリーンティー Starbucks Emperor’s Cloud and Mist Green Tea

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

今日は、スタバで私が時々注文するグリーンティーをご紹介したいと思います。

Starbucks Emperor's Cloud and Mist Green Tea

Sponsor Link

Starbucks Emperor’s Cloud and Mist Green Tea

DESCRIPTION

This gently smoky, softly sweet green tea is cultivated at 3,500 feet, shrouded in ethereal clouds and mist. It’s tasty no matter what language you say it in.

TASTING NOTES
Lightly smoky beginning, softly sweet middle, and green tea finish

グランデサイズでCaffeine 15–25mg*(スタバのデータより)
Teavanaでは2オンス14.98ドルなので、高価なお茶の部類に入ります。

現在スタバで取り扱っているフレーバーなしのグリーンティーはこちらだけです。スタバってお茶の種類が少なすぎ。TEAVANAにいいお茶がたくさんあるので、もっと選択肢を増やしてくれたらいいのになあといつも思います。

パックを開けるとグリーンティーのいいかおり
日本の緑茶ではみられない、きれいに丸められたお茶の葉がたっぷり入っています。この丸まった形が火薬に似た形なので「ガンパウダーティー」と呼ぶそうです。

Starbucks Emperor's Cloud and Mist Green Tea

グリーンティなので低めの温度、175Fで数分いれます。

スタバのディフォルトではグランデサイズでティパック2つついてきますが、サケットの中で、お茶の葉がいっぱいに広がってしっかり風味がでるので、私には1つで十分です。

緑茶を飲んで育った日本人の私の感覚では、透明感があるというかすっきりしたお茶です。比較的品質の高い1番茶に近い感覚で、適度な温度でお茶を入れれば、渋みはほとんどでません。

中国のグリーンティーは日本の緑茶と比べると、そこまで温度に敏感になる必要はないそうです。だけどスタバで注文するときは、お湯の温度が高すぎる気がするので、ティバッグは別にもらい、お湯だけカップに入れてもらって少し冷ましてから、お茶をだすようにしています。

あと、私は体調によっては、グリーンティを飲むと(特に朝)気分が悪くことがあるのですが、このグリーンティはいつ飲んでも大丈夫です。

スタバで一度試してみてもし気に入ったら、おうち用にはTEAVANAでルースティーを買った方が経済的です。

このブログを書いているmomoです。アメリカにきてもう15年になります。

スタバは便利なので、前からよく利用していたんだけど、せっかく毎日通ってるんだからブログに書いちゃおうということでブログはじめました。

あと、トレジョのブログも書いてます。↓

Sponsor Link

当サイトはリンクフリーです。シェア頂ければ幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ